HOME > 施工例 > 2ページ目

施工例 2ページ目

平成28年4月 世田谷区宮坂Uハイツ改修工事

お施主様所有のアパートをお施主様ご自身がお住いになるために、屋根を含め、室内もすべて改修工事をいたしました。 屋根の葺き替え、壁の吹き付け、ドア交換、手すりの錆び止め及び塗装、室内の全面改修、住宅設備の交換など、多岐にわたる改修工事でした。

平成28年4月 世田谷区梅丘T様邸引戸工事

ガラス戸の引戸をが閉まらず、また引戸の下の部分のガラスが外れており、フラッシュドに交換のご希望でした。 陽射しが入らなくなるため、色は明るいベージュにし、開閉もできるようになりました。

平成28年3月 世田谷区砧I様邸改修工事

天井裏にハクビシンが住み着いてしまい、天井が下がってしまっていました。まずは天井を剥がし、断熱材も新しいものへ変更しなければなりませんでした。 天井には新しい断熱材を置き、石膏ボードも新規に取り付け、クロスももちろん張り替えて完了です。お施主様のご希望で、カーテンレールを取り付けるため、枠を取り付けました。

平成27年12月 世田谷区祖師谷N様邸土間引戸工事

半透明のポリカが外れ、また、扉が上吊りのため扉下の隙間から雨が入ってくるためいつもガレージが汚れていました。 木枠の上からアルミの枠を被せ、扉は3枚建てとし、開閉も楽になりました。何よりも明るくなりました。下枠も取付たため、これ以降雨が侵入することも激減しました。

平成27年12月 世田谷区祖師谷N様邸外構工事

打ちっぱなしのコンクリートが黒く汚れ、お施主様のご不満がありどうにかきれいにしてほしいとのご要望でした。 明るい色のタイルで、お施主様も大変喜んでいただけました。タイルはLIXILを使用しました。

平成27年10月 世田谷区祖師谷F様邸玄関ドア改修工事

鋳物のドアだったので、重く、ドアクローザーもすでに機能していませんでした。子扉の真ん中にあるガラスから中が丸見えで、とても気になっていたとのことでした。 YKK APヴェナートを取り付けました。アルミ建材ですが、木目調で温かい雰囲気になり、子扉は採風仕様とし、もう表から丸見えということもなくなりました。こちらのリフォームドアは断熱仕様です。

平成27年10月 世田谷区祖師谷F様邸ガラス窓交換工事

ユニットバスをリフォームしましたが、北側にあるので窓を真空ガラス複層に変更しました。ガラス窓交換はユニットバスを含めて3カ所行っています。 ユニットバスは1階にあるので、半透明としています。ユニットバスの断熱と複層ガラスで冬の入浴も暖かく安心できるようになりました。

平成27年10月 世田谷区祖師谷F様邸バルコニー改修工事

長年の風雨で塩ビが黒ずみ、隙間にはコケが生えていてとても暗い印象でした。根太はしっかりしていたので再利用しました。 古い塩ビを撤去したら、土や枯葉が大量にありました。新しい塩ビを取り付ける前に、泥や枯葉を取り払い、高圧洗浄機でコケを取り除きました。バルコニーが明るくなり、窓を開けても気分がよくなったとお施主様が仰っていました。

平成27年10月 世田谷区祖師谷F様邸洗面所改修工事

浴室を改修するため、洗面所も同時に改修を行うことになりました。洗面の反対側には棚が置いてあり、洗濯機の上にも棚が付けてあるので狭く暗い感じでした。 パナソクニックのシーラインに変更しました。幅が60センチと限られていたので、機器の選定に時間がかかってしまいました。クロス貼替も行い、棚も撤去したので明るく広くなりました。

平成27年10月 世田谷区祖師谷F様浴室改修工事

タイル張りの浴槽で冬はとても寒かったそうです。また浴槽が低いため入浴の際にはつかまるところもなくこれからは不安とのことでした。 こちらはTOTOサザナのユニットバスです。ほっからり床は柔らかく温かい素材です。ユニットは断熱タイプで、バス暖房乾燥機付です。

<<前のページへ123

このページのトップへ